スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青いやつやってきました

2010
06-01
春のシーバスも終了が近いようで、ホーム河川ではなかなかお目にかかる事が出来なくなりました。

という事で、休日を利用してプチ遠征
ポイントは自宅から2時間程の某漁港。
スパルタス師匠とタケシ師匠一押しの場所です。
狙いはブルーランナー!青物です

本格的な青物狙いは昨年末の保戸島以来。
その時は保戸島の風、初の青物タックル等、私の手は余るものがあり釣りにはなりませんでした。
今回こそは80gのメタルジグをビシビシ投げてやろうと意気込んでポイントに乗り込みます

しかし、もやしっ子のematon。取り出したのはルアー負荷50gまでのヒラスズキタックルw
まずはポッパーから。
朝マズメの海にマリアのポップクイーンの13cmを投入。
トウィッチを入れながらの全速巻き!を繰り返すこと十数投目。
水面を暴れまくっているルアーに

ガボッ!!

小さな水しぶきと共にルアーをひったくっていきます
そして、いつものシーバスとは明らかに違う引き!
ロッドの先をブンブン振り回されているような感じ
これは青いやつ確定でしょう
掛かった所が近かったので元気一杯で足元まで寄って来てしまいました
足元で青い影が右へ左へと走り回ります。
なんかカッコいいですw

走りをロッドさばきでいなし(へっぴりゴシw)
浮いてきたところを一気に抜き上げ。
上がってきたのは

DSCN0666.jpg
ヤズ45cm 1kg

小さいですが狙って釣れた青物!
うれしい
しかしこの大きさであの引き、やっぱ青物すげぇ~

二匹目をねらい各種ポッパーを投げるも反応なし。
漁港の入り口でシーバスらしきの特大ボイルが2、3発有りますが、青物で頭が一杯なので無視ですw
メタルジグに代え攻めるも反応なし。
朝のゴールデンタイム終了!?
ならばと、ヒラスズキ用にと持っていたミノーSL17に変更。
一投目、ヤズがヒットした場所までひいてくると

ガツッ!

キター
引きの感じから先ほどよりも少し大きい感じ
が、またまた元気一杯で足元へ
そして今回は突っ込みをかわしきれずに藻の中に突撃。
藻に絡んでビクともしません
ルアーだけでも回収出来ないかと強引にPEを引っ張ると、ひと抱えは有りそうな藻の塊ごと引っこ抜けて浮かんできました。
さすがPE2.5号強力ですw
しかも、藻の下に魚がまだ付いてます。
タモの所までそのまま引っ張って行こうとしているうちに暴れだし、フックアウト
やっぱりヒラタックルは柔いので、元気なまま足元へ来られると難しいですね。

という事でようやく青物タックル登場。
80gジグやポッパーを投げまくります。
が、まったく反応ないこと数時間
もう帰ろうかななどと昼飯を食べていると、周囲をかなりの数のカモメが飛びまわりだしました。
鳥山などにはなりませんが、魚回って来たかな?ともう少しだけ釣り再開。
どうせなら最後は目立つルアーを投げようと、ドラドペンシル18cmを投入!
数投目、高速でただ巻きしていると

バフッ!

水面がはぜてガツンとあたり!
竿が硬いとアタリもダイレクトで強烈です。
しかし今回もどうやらヤズのようで、10kgサイズまでなんとか対応出来るらしい青物ロッドの敵ではありません。
難なく寄せてきて最後は抜き上げ。

DSCN0667.jpg
少しサイズアップで48cm 1kgちょっと

ここで、もやしっ子の腕は限界ですw
両腕に背中とパンパンです。
終了~


青いやつらの引きはやっぱり強烈でした。
今回はヤズサイズでしたが、いい練習になったと思います。
今の私に必要なものは筋トレ
とりあえず今年の目標は5kgオーバーの青物です

それではまた

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

磯デビュー!

2010
05-01
今回は本格的な磯デビュー!

スパルタス師匠に同行し、大分市の某磯へ。

ポイントに到着しまずは獣道を下ります。
久しぶりにハードな運動をしたので足はパンパンです
磯場に下りると次はちょっとした崖歩き。
高所恐怖症の私はビビリながら今日のポイントへ。

スパルタス師匠は青物狙い。ガチムチタックルでヘビーウェイトのジグをビュンビュン投げています
私は磯マル、磯ヒラ狙い。12フィートの磯ヒラタックルにてミノーイングです。

磯風景

暫くするとスパルタス師匠にヒット!!
急いでサポートに入ります。
近くに行ってみると、師匠の棒のような竿がひん曲がっています
青物確定でしょう。などと思いながら浮いて来るのを待ちます。

その時の様子は師匠のブログ「スパルタ釣行脚」でどうぞ!

その後、沖の藻周りをショアラインシャイナーLH15で攻めていると。
ガツン!
そしてエラ洗いどうやらスズキのようです
手前に大きな岩があるので潜られ無い様に強引に寄せます。
かなりの重さと引きですが、LH15の標準フックは1番!
そこそこの青物にも対応できますのでスズキなら余裕w
ゴリゴリと寄せてきます。
姿がみえると二人して
「デカイ!」
自己記録更新が頭をよぎりますが、落ち着いて師匠の足元へ。
すかさず師匠がハンドランディング。職人技です

82物持ち

82スケール
おしい!><自己記録タイの82cm磯マル

どうやら居付きの様で腹まで真っ黒。尾びれはボロボロです。
ちょっと痩せ気味の4kgでした。
しかし、明るい所で見るランカーは迫力満点。最初はメーターオーバーか?
などと思いましたが、そうは甘く無かったですw

その後はアタリも遠のき、体力も尽きてきた所で終了。

今回は初磯でランカーシーバスゲット!出来すぎです
今後、磯にハマリそうなematonでした

それではまた

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




Mr.谷

2010
04-19
今回は友人のB太くん爆釣の知らせを受け、ホーム河川にて戦闘開始!

そして、シーバス始めて一ヶ月位のMr.谷に最初の一匹を釣ってもらうべく
スパルタ教育で指導ですw

開始は夕マズメ前まだdayと呼べる位明るい時間から。
ナチュラル系のカラー中心に攻めていきますが反応無し
少し暗くなると同時に流れが出てきたのでダイワのレイジーに。
夜よりは少し早めのリトリーブで流し、橋の手前でターンさせると
ゴツン!
元気なエラ洗いの後、上がってきたのは
DSCN0619-001.jpg
やっぱりお腹パンパン。60弱

続いて、完全に暗くなってからザブラシステムミノー123を流れに乗せていると
ゴン!
そして、ドラグが鳴って止まらないので締め込みつつよせてきます
ランカー3匹目か!?
と期待しますが
DSCN0622-002.jpg
スレ掛かり50cmくらい

とりあえず2連発で先輩の面目躍如、Mr.谷にうんちくなどたれますw

そうこうしていると、Mr.谷「emaさん、これ掛かってますかねー?」
谷の方を見るとグングン引いてます
どうみても掛かってるでしょう
「Mr.谷ロッド寝かせて!!」
引き具合から結構でかそうです!
Mr.谷がリールを無理やりゴリゴリ巻いていたので「リール壊れる!」と
一括。
見てるこっちが興奮してきました
そしてようやく寄ってきたシーバスをテトラの根元に降りてランディング。
DSCN0623-003.jpg
Mr.谷の記念すべき一本目は72cmのゴリマッチョな鈴木さん。うらやましー!

このシーバスはMr.谷の食料になる事になったので〆方を伝授しました。

その後のMr.谷テトラポット転落事件などはサラッとながして
釣りを続けていると流れがグングン速くなり、私の手には終えなくなったので終了。
まだまだボイルしていたので、後ろ髪をひかれる思いでしたがどうにもできません
誰か激流でのつり方を伝授して下さい

今回、ようやくMr.谷も初シーバスをゲットして一安心
もう何も教える事はありません(これ以上は教えれません私も初心者ですw)

それではまた


にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村


風にもまけず

2010
04-15
まだまだ寒い日が続いてますが、ホーム河川にはようやく春の兆しが
小さいながらも河口部にてコンスタントに釣れ始めたようです。

si-basu1.jpg
すっかりコンディションの回復している60cm弱

この時は他に35cm位のオチビちゃんと同行の金之助くんが60cmをゲット!
これからのサイズアップに期待です


コンスタントに釣果を上げるには、河川の方が確立は良くなってきましたが
一発大物狙いとなれば、まだまだ港湾部だろうと言う事で。
年始にランカーを上げたポイントへ向かいました。
しかし、ポイントへ到着すると強風!
いつも打っている堤防の外側へ投げますがルアーが風で戻ってきますw
仕方ないので内側へキャスト。
何とか釣りになるものの、まったく反応なし。
朝マズメのミラクルも起こらずに、あえなくボウズ


あきらめの悪い私は、その夜満潮から引きのタイミングで出撃
ポイントは、前回70オーバー、60オーバーと2本上がった港です。

今日もなかなかの強風。
でもこのポイントでは追い風になるので何とかなりそう

とにかく投げまくりますw
が、追い風とはいえやはり釣り難い
ラインが煽られてリトリーブに集中できません
風の弱まった瞬間にキャストしてルアーを風で流していると
ガガッ
すかさず合わせますがすっぽ抜け!
常夜灯に照らされた水面を、シーバスがゆっくりと沖の方へ。
結構デカイ!!

乗らなかったのは残念ですが、魚が居る事は確定。
俄然、集中力がまします

しばらくすると、風が少し弱まってきたので横方向へキャスト。
この堤防は先端部から横方向へブレイクラインが走っているので絶好のポイント。
しかし、ブレイクライン上にブイが浮いているので根掛り多発地帯
今日は根掛り覚悟で攻めまくります。

「風の影響でベイトが沈む」と雑誌に書いていたのを思い出したので、少しレンジの深いスプラット130を選択。
ブレイクライン上をなぞるイメージで数投目。

ドガッッ!!

鈍いアタリです!
一瞬根掛かり?と思いましたがとりあえず合わせ。
するとドラグがジィィィィィー!
ブイに絡むのが怖いので、ドラグを締めて強引に寄せます。
走りを止めると派手なエラ洗い!
シーバス確定です

しばらくエラ洗いを繰り返していましたが、ようやく諦めた様子。
水面に浮いた姿を見ると結構デカイ!

緊張しながらもタモ入れ成功

DSCN0609-001.jpg
スプラット130を丸飲み!

DSCN0612-002.jpg
丸々とした82cm

DSCN0618-003.jpg
二本目のランカーゲットです!!

この一本で燃え尽きて終了。

鈴木さんはルアー丸飲みでエラにフックが刺さっていたのでお持ち帰り。
重さは4.5kg!
お腹を開けると15~16cmのコノシロらしきもの4本!その他背骨だけ多数!
食いしん坊な鈴木さんは私の胃の中へ
食物連鎖です

今回は強風の中、頑張った甲斐のある結果でした
まだまだ港湾徘徊は続きそうです。

それではまた


にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村





テンプレ変更

2010
04-06
なんとなくテンプレート変更

掲載出来る写真のサイズも少し大きくなったのでガンガン釣って写真載せようと思います

明日は頑張りましょう!陽水さんw


プロフィール

ematone

Author:ematone
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

アウトドア&フィッシング  ナチュラム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。